大根葉レシピ

大根は手に持ってずっしり重く、みずみずしいものを選ぼう。

葉はスーパーなどで買った場合すでに切ってあるが、保存するときは根の水分を吸収されないように葉は切り落とそう。

新聞紙などにくるんで5度くらいの涼しいところにおくと長持ちする。

大根の葉は、根より栄養豊富だそうだ。

葉をすててしまうのはとてももったいない。

大根の葉は、特にビタミンA・ビタミンCが多く、ニキビや吹き出物に良いだろう。

スーパーなどではほとんど切り落とされて売られているが、もし葉っぱが手に入ったら是非食べるようにしてみよう。

大根の葉は、みそ汁に入れたり、漬け物にしたり、油で軽く炒めたりといろいろな調理法が考えられる。

少し苦みがあってとても美味しい。


ぶり大根レシピ

脂の乗った新鮮なぶりと真っ白くみずみずしい大根で作る、冬の寒い時期のまさに旬の料理といえる、ぶり大根を紹介しよう。

ぶり大根は、ぶりのアラから出る脂の乗った旨みを、存分に大根にしみ込ませるのが決め手だ。

このために大切になるのが、ぶりの生臭みを出さないための丁寧な下ごしらえと、旨みを吸わせる大根の準備だ。

この事前の準備さえしっかりしておけば、あとは合わせてじっくりと炊き込むだけで簡単だ。


【材料】4人分
大根 … 小1本
ぶり(アラ) … 600g
塩 … 大さじ1
ねぎ(しらがねぎ) … 適量
[煮汁]
 しょうゆ … 大さじ5と1/2
 砂糖 … 大さじ2
 みりん … 大さじ3
 清酒 … 大さじ3
 水 … 適量

【作り方】
1. 大根はたわしでよく洗ってから4〜5cm長さに切り、皮をくるりとむき、そのあと1cm厚さの輪切りにする。
2. ぶりのアラは食べやすい大きさに切る。頭は縦2つに切ってからほぼ四角になるように切りさっと水洗いをして表面の血を落とし、盆ざるに並べて全体に塩をふり、15〜20分ほどおく。
3. たっぷりの沸騰湯にアラを入れ、表面が白く変わる程度にさっとゆで、手早く冷水にとってさます。そのあと、指先で血のかたまりやウロコの残りなどを洗い落とし、ざるに上げて水けをきる。
4. 大きめの鍋に平らに大根を敷き入れ、その上にアラを並べ、しょうゆ、砂糖、みりんと酒を入れてから、水をかぶるくらいに注いで強火にかける。
5. 煮立ったら中火弱にして、浮いてくるアクをとり、ときどき煮汁をすくいかけながら1時間くらい煮る。煮汁が少なくなってきたら、鍋を傾けて煮汁をすくい回しかけ、煮汁が鍋底に1cmくらい残る程度で火を止める。
6. ゆでた葉を添えて盛り、煮汁をかけ、しらがねぎを天盛りにする。





切干大根レシピ

切干大根は、大根を乾燥させて作った食品だ。

切干大根の栄養素は、100g当たりに食物繊維が6.6gも含まれている。

切干大根は、太陽の光で乾燥させることで、生の大根よりも甘みが増し、栄養価もプラスされ、特にカルシウムや貧血の予防となる鉄分、新陳代謝を高めるビタミンB1とビタミンB2が特に多く含まれている。

切干大根には、その他、冷え性を予防したり、肝臓や胃腸の機能の回復に貢献したり、食欲を増進させるという働きもあり、生の大根よりも効率的に栄養を取り入れられる優れた食品として認められている。


・切干大根の煮物レシピ

【材料】4人分
切干大根・・・100g
油揚げ・・・1/2枚
ニンジン(小)・・・1本
だし汁・・・1カップ
砂糖・・・大さじ1
しょうゆ・・・大さじ2
酒・・・大さじ1
油・・・少々

【作り方】
1.切干大根を15〜20分水に浸けて戻し、水気を絞っておく。
2.油揚げ、ニンジンを細切りにする。
3.鍋に油を入れ、油揚げとニンジンを入れて炒め、後から切干大根を入れてほぐしながら炒める。
4.3にだし汁、砂糖、酒、しょうゆを加えて、汁気がなくなるまで、弱火でじっくり煮る。 お好みで、ちくわ、肉(鶏、豚など)、タケノコ、しいたけなどを入れても美味しい。


・切干大根サラダのレシピ

【材料】4人分
切り干し大根・・・100g
キュウリ・・・1本
ハム・・・4枚
プチトマト・・・5個
コーン・・・適量
マヨネーズ・・・大さじ2
塩・コショウ・・・少々

【作り方】
1.切り干し大根は、たっぷりの水で15〜20分戻してから、水気をしっかり切る。
2.キュウリとハムは千切りにしておく。プチトマトは半分に切っておく。
3.ボウルにマヨネーズと塩、コショウを入れ、混ぜ合わせる。
4.3に切り干し大根とキュウリ、ハムを入れて和え、皿に盛って、プチトマトを飾ったら出来上がり。好みで茹でたインゲンなどもいい。

大根レシピ

大根レシピはいまとても注目されている。

大根レシピによる料理は、とてもヘルシーでカンタン、しかも美味しい料理ばかりだ。

切干大根、ぶり大根、大根の煮物、ふろふき大根や豚肉大根も美味い。いか大根、鶏肉大根、手羽先大根、牛すじ大根とどんな素材とも相性抜群だ。

原産地は諸説があるが、地中海沿岸という説が多いようだ。

日本では、和食になくてはならない野菜だ。

春の七草のひとつ「すずしろ」も大根のことというのはご存知だろうか。

ビタミンCが豊富だが、とくに有名なのは消化酵素ジアスターゼだろう。

ジアスターゼは熱に弱く、加熱してしまうと作用が失われてしまう。

効果的に食べるには大根おろしが一番というわけだ。

大根おろしは食物の消化を助け、食物繊維の整腸作用で胃の弱い人や便秘の人に効果がある。

また、辛み成分の殺菌作用とビタミンCで、風邪に効くともいわれている。

おろし汁に蜂蜜などを加えて飲んだり、湿布に使ったりすることもある。


http://www.emarketcd.com/%E8%84%B1%E6%AF%9B%E3%82%92%E7%9A%AE%E8%86%9A%E7%A7%91%E3%81%A7/